滑走&登山日誌

登った山、滑った山、試乗した板などの事を書いていきたいと思います。

aki.jpg


News

2015/5/9 チャオおんたけスキー場

IDoneスキー試乗会!

IMG_20150509_100427.jpg雨がぽつんぽつんと不穏な天気ですが行って参りました滑り納め。
こんな天気予報の日は絶対に滑らないのですが、この日は特別。

IDoneskiの試乗会があったのです!
ウチにも試乗板はありますが全部ではないですし、NEWモデルが乗れる機会は貴重です。例え雨が降ろうとも!(グヌヌ

受付には声だけはよく知ってる(笑)担当者の方がみえたので挨拶して受付してもらいます。エントリーナンバー1番!
1000円払えば乗り放題です。だから自分の板は持ってきてません(・∀・)
帰りにはTシャツもらえますしお得です。

今回のテーマはスローライドです。
まずはSR-NSX168
粗目ですが圧雪良好の斜面を滑走します。
まず中周り。しっかりエッヂを立てれば最後までずれることなくターンが出来ます。
低速から安定してターンが出来るのはきっちり板がしなるからでしょう。
柔らかい板なのですが、剛性感はあります。センターが太いからでしょうか。
悪雪に負けない強さが感じられました。
ずらしながら出来るか試しましたが、かなり意識して寝かさないとずれませんでした。
小周りのレスポンスも良かったです。意外とモーグルぽく滑ってもずらして回しても問題なくついてきました。ショートカービングしても不満は感じませんでした。
ただ全般的に疾走感には欠けます。抜ける感じがなく落ち着いている感じです。
非常におとなしい乗り味のデモ板といったところでしょうか。
カービィング主体且つ高速で使わない人には非常に良い板だと思います。

次はSR-X5 167
次世代オールラウンドスキーと銘打たれた板ですが、名に恥じぬ性能を見せつけられました。
NSXに比べると非常にずらしやすい板です。ずれるのではなくずらしやすいです。
しっかりと切って滑ることも出来るし、後半だけずらしたり、完全にずらしながら滑ることも出来ます。
操作感もNSXに比べ軽いです。その反面どっしりした感じも減ります。
NSXが低速向きのデモ板だとしたらX5は低速向けのフリーライド板といっていいでしょう。初代フリーライドにかなり似た感じの乗り味です。
ショートカービングでずれのないターンは難しいです。スピードに乗ればずれませんがターンが遅れがちになります。すこしずらすようにすると良い感じになりました。
無理にカービングするより板に任せてターンを楽しむの良いのではないでしょうか。

スローライド全般に言える事ですが、低速用なので高速時の安定感はさすがにそれなりだと思いますし、ターンのレスポンスも悪く感じます。
ですが中低速での自由を目的に造られてますからねスローライドシリーズ。
中低速域にスポットを当てたインプレッションをしていきます。

次はSR-NC166
これはかなり思い切った板です。
滑り出しで少し笑ってしまいました。はっきりと判るくらいにキレません(笑)
通常の雪質でカービングターンは非常に難しいと思います。多分20年くらい前の板でカービィングしようとするくらい。
グサグサの雪質ならターンの中盤で雪の壁を作るようにすればなんとかできますが、そもそもカービィングをする板ではありません。
ずらしやすいと言うよりずれる板です。ですがコントロール性が低い訳ではありません。思ったところに容易に滑ることが出来ます。
今流行のロッカー板みたいな乗り味ながら、しっかりとしたコントロール性の高さに意外さを感じずにはおられませんでした。
基本はドリフト走行する板になりますのでX5と比べても低速向けな感じが強いです。
中速だから不安定ということはなかったですが、どうしても流れ気味なので完璧にスライドコントロールするにはやや修行が要りそうです。
それでも海外や北海道の大きなスキー場でゆっくり観光気分で滑るなら私でもこれはベストな板だと思います。操作感だけでなく実際軽いです。楽ですよ!特に氷河スキーしろって言われたらこの板選ぶでしょうね。カービィングをしないというのは身体にとってはすごく楽です。何十キロも滑らなきゃならないなら競技板なんて拷問ですから(笑)
あと、テレマークスキーにもよさそうです。

最後にSR-M167
この辺りで雪面の荒れがかなり酷くなってきました。グサグサでモコモコです。
判る人には判るハズ。
SR-Mはゆっくりモーグル用の板です。ですのでX5と比べるとかなり柔らかいです。カービィングターンも出来ますが、モコモコに負けてフラフラするくらいです。
これくらいの雪質で綺麗に滑ろうとすると通常は基礎板並の堅さが必要になります。NCのようにずらして滑ってみましたが、NCに比べて安定性に欠けます。
まぁ、コブ用ですから・・・。
高速でショートターンしようとしても板が追いついてこないので難しいです。
まぁ、コブ用ですから・・・。
でも肝心のコブはなかったのデスケドネ。
とまぁ整地では良いとこ無しでした。悪雪のフラットではMR-Dに比べればマシといった程度です。つんのめったりしないだけマシですね。
MR-Dより柔らかいですが、太さがあるため強さがあります。疲労度も段違いでSR-Mのほうが楽です。
コブでの操作感をお伝えしたいところですが、無いものは仕方ありません。
以前に乗った感じを代わりに書きたいと思います。
コブの中をずらして滑るのに特化した板です。コブの中で不得手の人がしがちな姿勢「後傾」になったときにも、すぐに板が抜けて走り出すことないので、ゆっくりと対応することが出来ます。後傾のままではやはり板のコントロール性は悪くなるので、
正しいポジションで滑る癖をつけやすいです。
コブの中で余裕が持てれば視界も広がり、コブの中で得られる情報も飛躍的に多くなります。上達のためにはこれが大事です。
コブの最初期の練習用として最高の板と言えると思いますよ!

と4本の板の試乗を行いました。
幸いなことに滑ってる最中は雨が降りませんでした。ホントヨカッタ
最後に総括で。
SRシリーズは昔スキーをやっていた人にベストマッチです。
昔風な滑りにも対応しますので、バブル時代に買った板の代替えとしてとてもお勧めです!
他にもカービィングスキーが疲れる、飽きた方にもちょっと懐かしい感覚を思い出させてくれるるはずです。きっと気に入ってくれると思いますよ!


2015/4/28 チャオおんたけスキー場

快適です!

おんたけスキー場に行くつもりでしたが2日前クローズしてしまいました・・・。
残念。
でもチャオは6/1まで営業予定みたいです。
これは・・・すごいですね!やる気を感じます!(出来るのか?)
そこは兎に角、滑りに行って参りました。

天候は晴れたり薄雲が出たり。風もなく、おだやか~な絶好の春スキー日和です。
ロンT一枚で丁度良いくらいの気温です。この辺りの景色はまだ早春といったところなんですけどね。

もともとおんたけのコブを滑るつもりだったのでこの日の板はFreeride175です。
今や伝説の初代モデルです。
まぁそんなに伝説でもないかな。まだ現役で使ってる人もみえますし。
今となってはこれ以上の性能を持った板はいくらでもあるのですが、
IDoneの板全てのベースになった板ですからシーズンに1度は乗るようにしています。
新しい板との性能比較がしやすくなりますからね。
とはいっても乗るのが苦痛なという訳でもありません。
未だに好きな人は好きな乗り心地だと思います。私も結構好きですよ。
ずらしやすいので急斜面の大きなコブなんかだとジャストフィットします。
トップシーズンに限られますけど整地も気持ちいいです。切れもなかなかいいんですよ。
とはいえこの日はお約束の粗目雪。雪面が均された朝一以外は期待できません。
ゴンドラが動く前から並んで、お昼前には撤収。
11時過ぎるとグサグサでキツかったです。
昔の板なので細いですからね。
最近の板はウエストが太く悪雪に強いものが多いです。まぁその代わり切り替えに癖の強いものもあるので良し悪しなんですけどね。

早上がりなので帰り道で温泉に入ってきました。
二本木の湯

かなり強烈な炭酸泉です。浸かってると体中泡だらけになりますよ!
手のひらを丸めて下に向けて3分も経てば・・・
おならのような大きな泡もだせます(笑)

鉄分が多いので、鉄臭くなるのはイマイチですが御岳付近の温泉はそんな感じばかりだし仕方ないかな。


2015/3/24 ダイナランド

まだまだ滑れます!

IMG_20150324_115758.jpg暖かい日も多くなり、会社付近ではもう春といって何ら問題ありません。
桜も咲いてますしね。

ですがスキー場はまだ春が感じられません。
3月下旬というのにこの雪量です!今年はすごく多いです。
ダイナランドに20年以上通ってますが、過去最多の残雪量ですね。
残雪?
いえいえ。この日も降りました。10cmほどですが。
まだまだシーズンまっただ中ってことでしょうか。
ダイナランドの営業期間も4月12日(日)まで延長になったようですし、
もう一滑りいかがですか?って事なのですかね。

とは言うもののさすがにこの時期の新雪は重いです。
固い雪面の上に10~15cmほどの重い新雪。

うん。滑りにくいですね。

特に非圧雪バーンでは前日出来た凸凹の上にふんわり乗っかっていますので
非常に滑りにくいです。でも面白い。
どこで跳ぶか判りませんからね。

そうそう、この日使用した板は ReIsm KO-BX170。
コブ用モデルながら、高いオールラウンド性が売りです。
この日も不整地、整地ともなかなか滑りにくいコンディションの中、
安定した操作性で私を大いにアシストしてくれました。
テールがすごく柔らかい印象が強かったのですが、この日は特に感じませんでした。古くなって硬くなった???
モーグルコースで練習のため持ち出して来たこの板ですが、
この日の雪面状況で汎用性の高さという強みは発揮しましたが如何せんコースでは辛かったです。
というのも基礎スキーヤー数名が頑張ってバンクで滑っていたので、スタッフが馴らしてくれるまですごい横振れになってまして。
板を振らないよう滑る練習してるので、きつかったです。
板振って滑るなら滑れましたけど、やりたいことはそれじゃなかったんですよね。
バンク滑りの練習もやりますが、その時はやはり板を変えます。
板に合った滑りをするのを心がけるようにしております。

しばらく苦戦しながら滑りまして、あまりにもダメなものですから一旦休憩にしました。
休憩後コースに戻ると基礎スキーヤー達はおらず、いつもの平穏なコースに戻っていました。でも雪面はアイスバーンでしたけど。
モーグルコースの前後も荒れた状況で身体のポジショニングが難しく、
この日は結局安定して滑ることが出来ませんでした。
おかしいな?もっとテールが柔らかかった印象ががが(2度目

まぁこんな日もありますよね。上手くいかないまま無理に滑っても良くなることはあまりありません。
いつもより少し早めに上がりました。って昼より早くって!?
もっと頑張ろうよ^q^ でもまぁ他にもやることがあるので勘弁してください。


ダイナランドの駐車場代払うともらえる1日券付きパンフレットまたもらえました!
だからってわけじゃないですが、次回からはおんたけ2240に行く予定です。
おんたけといえば夏の噴火で多くの犠牲者が出た場所です。
一登山愛好者として、献花してきたいと思います。


2015/3/10 ダイナランド

真冬に逆戻り

150310_1217~01.JPG3月になりました。

う~ん!暖かくてぽかぽか陽気!Tシャツで滑っています!

っとはなりませんでした。
寒い。兎に角寒い。
さすがに真冬の寒さではないですが、風もアリ白く白く吹雪のような。。。
積雪も30cmほどありました。
さすがにサラサラではないですが、べちゃっとした感じもなく普通の雪質です。
今シーズンラストのパウダーが楽しめそうです(白目)

そんな感じでしたので当初FR-XP176を使おうと思ったのですが、
試乗板のFR-XP168も持ってきていたのでそちらを使い違いをレポートすることに
しました。

FR-XP168はFR-XP176販売の翌年に登場しました。
何故かといいますと、実はFR-XP176は当初FR-NG167のロングバージョンとして
開発された板だからなのです。(NGLという開発コードだったかな?
進化的には NG→XP176→XP168→HP→PC→PCLight
                                            →MX
みたいな系図になります。
今はNGが廃盤になってしまいましたのでNGの性格的正統進化モデルはMXですね。
XPは「思ったよりパウダー向きになっちゃった」のでその後の進化はパウダーモデルになっていきました。
実は私もXPの開発モデルを乗ったことがありまして。現行の市販モデルはそのなかで一番柔らかいものだったと記憶してます。
そういえばあの年もパウダーの当たり年でした。

要らない話が長くなりました。

さてさてXP168の感想です。
XP176に比べて浮力に関して言えば実はそれほど変わりません。
ただ安定感や抜けの早さは段違いです。
判りやすく言うと、後傾にしないとつんのめりやすく、後傾にしすぎると板が走りやすい。ということです。
これは悪いことのように見えますが、悪いことばかりでもないです。
例えば、斜度のきつくない深雪(程度にもよりますが)バーンにおいて、抜けの良さは強い武器になります。
XP176なら止まってしまうところも、ヒョイヒョイ滑り続ける事が出来ました。
まぁ、つんのめったりもしましたが(笑)
安定感が大きく違います。
車で言うなら普通車と小型車みたいな違いだと思っていただいていいと思います。
キビキビ走る方が好きな方はXP168の方が好みに感じるでしょうね。

この傾向は整地や不整地においても同じです。
XP168はキビキビ動けます。もっともNG167と比べると切れもレスポンスも劣りますが。
NG167の後継として開発された訳ではなく、XP176 のショートバージョンとして開発されたため勿論これは当然といえます。
もっともMX167もNG167には切れや加速力は敵いませんが。
NG167はIDoneの中では性格的にはちょっと異端ですからね。仕方ないんです。
私的には1,2を争う傑作板ではありますが、乗る人を選ぶ板であるのは否定できませんから。

まとめますと、XP176 に比べ

整地の軽快感、加速力、切れが良く
パウダーでの、走力、回転力に優れ、
不整地はコントロール性の良さが好印象 といった感じになります。

XP176よりは整地向け、MX167よりはパウダー、整地向けと考えてもいいでしょうか。

現在ダイナランドで駐車場代を払うと、マイアやおんたけ2240で使えるリフト1日券の引き替え券が付いたパンフレットがもらえますよ!
平日のみなのかはわかりませんが!お得です!




2015/2/24 ダイナランド

天気は良いものの

IMG_20150224_120444.jpg前日が雨だったのか暖かったからなのか。

いつも通りの時間帯。
ゲレンデには「ガーッガッガッガッ」「ゴッゴッ、ゴン」。
悲鳴が上がりそうな音がセンターハウスの壁に反響していました。
カッチカチなアイスバーン・・・とまではいかなかったのですが、
十分に硬く、適度に荒れたコース状況でした。

ああ、春が近づいてきましたねぇ。

気温はそれほど低くなかったのですが、予想以上の硬さに舌打ちを禁じ得ませんでした。
いやね。別にハードバーンが嫌いな訳じゃないんですよ?
ただ、、、この日はモーグルの練習しようとモーグル板を(ry
そんな今回の板はMR-D166です。(レンタルできます!)
数ある(言うほど種類ないですが)モーグル板の中で、最も柔らかい板です。
LOOK Pivotと組み合わせれば、最高の扱いやすさでして、
この板を使っているのにモーグルが上達しなかったのなら才能が無いと言い切れる
そんなスペシャルな板です。(SR-Mのほうは滑り方が判らない人向け)
硬いコブでも板のおかげで何とかなってしまうそんな反面、
春特有の腐れ雪では、まっすぐ滑るのに非常に神経を使うといった性質も同居している。まさにコブオンリースペシャル。
なのにもかかわらず朝一のロングクルージングが気持ちいい!
ショートターンもキレキレです!
雪面カチカチですから!

あまりにカチカチなので雪が緩むまでコブを滑ることは諦めました。
(1回滑ってみたけどバリに引っかかってまともに滑られなかった)
そこで今シーズン初の丁寧な整地トレーニングをやりました。
よく「整地で出来ないことはコブの中ではもっと出来ない」と言いますが全くその通りだと思います。
コブの中でしたい動作の練習を整地できっちり出来るようになっても
それでもなかなか完璧に再現は難しいですけどね。
でも、練習しないとしたでは大違いです。
結局雪が緩み始めた10時半頃までの2時間ほどしっかりやれました。
おかげで、片ターン気味だったのがかなり修正出来ました。
歩容もおかしいので完璧にはならなかったのですが、まあまあ目立つほどではなくなったので満足です。
そのうち整体に行かないと。

11時近くになるとかなり滑りやすくなりました。
廻して滑るのをやめ、徐々に板を縦にしていきます。
ものすごく良い感じには結局ならなかったのですが、
ターンのバランスもだんだん良くなってきました。上体も安定してきましたし。
もう数時間続けられる体力があれば完全に戻りそうでしたが、
引きつけ動作が苦痛に感じるくらいには足が疲れ切っていましたので
いつも通り12時頃には撤収。

次滑るときにはもう3月です。
雪も今以上に緩むでしょうからコブが楽に楽しめるようになりますね!
今シーズンは雪不足を心配しなくて良いので本当にありがたいです。

当店にはMR-D166と171の在庫まだまだありますよ!一応宣伝ですw


2015/2/10 ダイナランド

Big day

IMG_20150210_131407.jpg前日からの雪予報。
しかも当日も大雪予報。
天気図を見ると極寒寒気団は東日本を覆っています。
きました。

年に1~2度あるかないかの大チャンスです。
交通網の混乱も当然予想されたのでいつもより早起きして出発しました。
順調に名古屋市内を抜け岐阜県に入り、、、
この辺りから道路にすでに積雪が。
一気に回りの車の車速が落ちます。
あまりのLOペースに業を煮やして高速に乗ってみたモノの1区間で下ろされ、
いつも通りの下道をいつも以上に時間を掛けてゆっくりとスキー場に向かいます。
こりゃダメだ

結局ダイナランドに到着出来たのは9時前。いつもより30分以上遅かったです。
早起きしてこれだからいつも通りならどうなったことやら。

兎に角すぐに支度して滑ります。
ノートラックはもう期待出来ません;;

と覚悟していたのですが、なんとリフトはαライナーしか動いていません。
あまりの積雪のため始動に時間が掛かっているとのこと。



実は道中の白鳥や高鷲の積雪を見るに精々50cm程度。
ダイナ20年以上の経験の中にはこれ以上の積雪があったことはザラにあります。
ゲレンデはとりわけすごいのでしょうか。

疑問を抱えつつFISCHER ATUAを履いてパウダーゾーンを滑ります。
おっ!膝上の軽めのパウダーです!
アスピリンスノーと言われるような極軽ではないですが、奥美濃ではかなり軽い!
まぁ正直期待したよりは重い(贅沢)のですが、ツリーランなら!ってワクワクが止まらない!
βが開くのが待ち遠しい訳です。
そこでちょくちょくリフト前まで行きゲート前で待ってみたりしました。
アナウンスでも「もう少し」が定期的に言われている訳ですし。
尚ゲート前には同じようなパウダージャンキー達がたむろってまして、
「パトロール降りてきたからもうすぐ開きますよね!?」のような会話がずっとされていました(笑)

ですが結局開いたのは11時半過ぎ。どこがもうすぐやねん!
途中でスタッフが言った「あと1時間くらいは掛かる」からさらに1時間ですよ。
この辺りのアナウンスは時間多めにみて頻繁にして欲しいですね。
結構不満に感じた人が多かったと感じました。
やはりそんなに長時間止まるほどの積雪とは皆さん感じなかったのですね。
いざβライナーが開いても、肝心のツリーランはCLOSED。
まぁこれはしかたないかもしれませんが。
通常コースでも楽しめますし。

ここ数年ちょっと気になるのが、スノーボードの新雪の滑り方。
大回りする人が多いんですよね。。。
ゲレンデに大きくSの字書くのは気持ちいいでしょうが、ノートラックの面を大きく減らしてしまいます。
なので以前は後の人のことにも気を遣って、出来る限りショートターンで滑ったモノです。それが最近は気を遣わない人が多くなってしまいました。
マナー違反ってほどでもないですが、ちょっと残念ですね。
少し気を遣うだけであと10名ノートラックを楽しめるカモって。
優しさが減ったように感じます。まぁこれはスキー場に限ったことだけではないですが。

なんだかんだ文句もつけましたが、まぁ楽しく滑ることが出来ました。
きつい斜度の深雪を滑るのは何時でも格別ですから。
いつもより1時間オーバーの午後1時まで滑って撤収しました。

シーズンもいよいよ中盤です。
ですがパウダー時期としては終盤になってきました。(これ以降は重くなりがち)
軽いパウダーを求めるなら、奥美濃から奥飛騨に拠点を変えたい所ですが、
今シーズンもダイナランドでまったりと滑っていく予定です。

ひだ流れ葉とか行きたいんですけどねぇ。





2015/1/27 ダイナランド

今にも泣き出しそうな。

IMG_20150127_120400.jpg前日からの雨。そして小雨もありえる天気予報でしたが
来週は都合で行けないこともありまして強行で行ってきました。
道中も小雨がぱらつき、霧が深く立ちこめ、やる気を奪っていきます。
やっぱり帰って寝ようかな!って幾度も思いましたが、
7時頃引き返してもそこら中で渋滞ラッシュですしおすし。
ああ因みに私はスキー場への行き帰りはほとんど下道を使います。
奥美濃は、ですけどね。さすがに白馬辺りだと帰りは高速です。

到着したところなんとか雨は降っていません。
午前中勝負で急ぎ支度です!(いつも午前中で帰りますが)
この日使用した板はFR-MX167 レンタル仕様です。
パウダーもないし、コブ練習だけに絞りました。MRーDでもよかったのですけどね。

そうそう、試乗板は1週間¥3000でレンタルしています。
そのシーズンに板をお買い上げいただければ、その分は値引きしますし、
当店で購入したことのある方には無料で貸し出ししております。
お気軽にご利用くださいませ。

しれっと宣伝しました。
FR-MX167はコブ向けのフリースタイル板です。
FR-XPに比べるとフレックスが堅くレスポンスがいいです。
この日のように「雨降って地固まる」な雪面ですと、切れも良く快適にカービィングもできます。
個人的にはすごくお勧めな板です。もっとも今シーズンはすでに売り切れですが。
似たようなコンセプトのFR-NG167はまだ在庫ありますよ!(ダイマ)
まぁNGはもうちょっと整地向けですけどね。

この日の雪質は圧雪してある場所は、ややハードな粗目。
気温が高かったのでアイスバーンにはなりきってなかったです。
問題なのは非圧雪場所。
上は固く中はさっくりそしてまた下は固い。何て言うんでしょうね。
お菓子で言うならカプリコみたいな?
この雪質の状態で所々圧雪せず放置してあったので、
気が付かず2度ほど思いっきり転けましたよ。いきなり引っかかりますからね。

慢心ダメ、絶対。

肝心のモーグルコースも表面はその状態だったのでこれは死ぬしか・・・って
泣きそうでしたが、幸いスタッフが頻繁に丁寧に均してくれたので、
すぐにまともに滑られるようになり助かりました。
雨でグサグサな春雪イメージとはほど遠かったですが、
カチカチではないだけマシです。

お昼頃に上がるまでの間に20回くらいは滑ったと思いますが、
やはり完全にイメージ通りに滑ることは出来ません。
何ターンかは良かったりはするのですけどね。
練習するにあたっては、1本1本すべきことを考えながらやってますが、
イメージ通りにはなかなか身体が動かないものです。
まぁでも後傾も治りつつあるし、あと数日いけば元通り・・・っていってるとシーズンが終わるんですよ。
足の持久力がもっと欲しいものです。(生まれたての子鹿のように震えながら)
滑り方を変えて腰に負担が掛からなくなった分、足の負担がすごい。
昔ほどトレーニングしている訳じゃないですしねぇ。どうしたものやら。

再来週はどんな天気になるでしょうか。パウダーだといいな!(逃げ)




2015/1/14 ダイナランド&高鷲スノーパーク

今シーズンでは珍しい快晴!

150113_1204~02.JPG午前中は曇り予報でしたが、ふたを開ければ快晴でした!
見渡す限りに雲の欠片もなく突き抜けた青空が広がります。
さすがに気分が高揚します!!!
気温はこの時期としてはやや高め。2度とかそれくらいでした。
風も余りなくいい感じです。
使用板はいつも通りFR-XP176。パウダーの期待も出来ませんし、こんなに晴れるなら基礎モデルを持って来たらよかったですね。
まぁ持ってこなかった以上仕方ありません。

雪質は柔らかめ。新雪もうっすらありますが、パウダーを楽しむにはほど遠いです
8時半頃から滑り出しました。
雪質が柔らかいこともあってスピードの乗りはイマイチ。
ピステンは非常にきれいに掛かっていました。雪玉もほとんど無く快適です。
ロング~ショートを織り交ぜて滑りのチェックをします。
パウダーばかり滑っていると、繊細な操作感がなくなりますし、バランス的に後傾になりがちですから修正は必ずしています。
ましてや今シーズン実質初の整地です。
切り替え時に不安定が出たので、膝の角度を調整したらすぐによくなりました。
まだ足首を上手く使える感じがしないのでゆっくりリハビリしていきたいと思います。
まぁそんなこと言ってるウチにシーズン終わるんですけどね

ダイナランドのコース斜度ではイマイチ刺激が足りなかったので高鷲スノーパークへ移動しました。
今シーズンから移動がより容易になりました。リフト券も基本共通になりましたし。
雪質は高鷲スノーパークの方が軽いです。軽いです。軽いです。
大事なことなので3回言いました。
ダイナランドは南向きなので日当たり良好なのです。高鷲スノーパークは東向きなので日当たり悪いです。そして寒い。(ゲレンデにもよりますが)
私は基本薄着なので寒いスキー場は辛い。まぁそんな時は貼るカイロを使いますけどね。
薄着だと動きやすいので疲れにくいです。お勧め。でも寒いけどね。

高鷲スノーパークはダイナランドと比べ縦長なスキー場です。
標高差もややあるので、コース次第では気持ちのいい斜面もあります。30°くらい?
雪質はやや締まっていましたが、残念なことにピステンは雑。広すぎるから仕方ないかもしれませんね。
雪面の細かい凸凹はとれていないので、思いっきり高速だとコワイ思いをするかもしれません。ですが、この日の板はXPです。なんの問題もありません。
ほどほどなスピードで楽しめました。晴れた朝は整地が最高デスヨね!

一応不整地も滑ってみました。踏み固められていない新雪がまだらにあり、小難しい。だがそれがいい。
意外な柔らかさに新雪への渇望が沸き上がります。

そこでダイナランドに戻ることにしました。
ダイナならまだ新雪残ってるカモという期待。
そしてその期待は報われました。
ただし、ハイクアップを伴いました。

ダイナランドがまだ大日岳スキー場だった時代にリフトが掛かっていたコース。
これらのコースは現在もオフピステとして解放されているコースとクローズしてしまったところと両方ありまして、今回は解放されている方が残っていました。
まぁハイクアップ疲れますしね。
楽な方を滑りたい気も判ります。私も楽な方が残っていたらソチラ滑りますもの。
(ただしゲレンデ外は自己責任です!スキー場に迷惑を掛けてはいけません!)

絶好のハイクアップ日和だったものですからついつい登った感じもあります。
粗い雪の結晶がまばらに落ちた雪面がまぶしくキラキラかがやいて白や白銀なんて色の形容なんて出来やしない。
空の碧とコントラストがただ綺麗。バージンスノーを踏みしめてかき分けて道を造っていくのっていいですよね(死ぬほど疲れる)
まぁ今回は先人が道を造ってくれてたので超余裕です。
その分滑るコースは限られますけどね。

小高い丘を登り、板を履き、滑り出します。
密度の高い新雪でしっかりとした抵抗があります。水分が多いベタなかんじじゃなく細かいのが詰まった感じ。砂丘スキーみたいな。
北海道なら抵抗なくすーっと滑れるんですけどね。ここは奥美濃。
本当に軽い雪もありますが普通に通ってると何年かに一度当たる程度です。
普段はこんな雪質が多い感じです。
ただこの雪質も悪い訳じゃない。
急斜面になればしっかりとした抵抗感のあるおかげでスピードが出にくく、ターンがしやすいのです。(しやすい?)
つんのめりますけど?_?
でもまぁ嫌いじゃないです。いや結構好きです。

好きなので4回も登ってしまいました。
天気がいいからですね。これが強風吹きすさぶ中だったら絶対登りませんモノ。
天気がいいだけでスキーの楽しさは50%増しになります。
昔ならビール持って登って、山頂で冷やして飲んでなんてやってたでしょうが、
この日も12時には上がり。

もうね。足がね。持たないんですよね。。。


一応、今シーズン初モーグルもしてみました。
なかなか酷い滑りでしたが完走は出来ましたよ。
コッチの修正も大変そうですがまた次回以降の課題ってことで。



2015/1/1 ダイナランド

昨晩から雪♪

IMG_20150101_123054.jpg朝カーテンを開けると、少し積雪がありました。大和町で20cmほどあったので、スキー場なら4~50cmはある!と期待に胸膨らませゲレンデに向かいます。
幸い筋肉痛も無し。体調はいいです。はい。なにせ9時半には寝ましたから^^;
道路はめちゃくちゃ空いていて楽々すいすいでスキー場に到着。
駐車場は第1でした。元旦はここが多い気がします。
天候は雪。ぼた雪ですが、昨日よりは寒く雪質はやや軽め。といっても奥美濃としてはですが。
滑り出しは昨日に引き続きIDone FR-XP176。 3本滑ってコース確認後、ファットスキーのFISHER ATUAにチェンジしました。
そうです、つまり深雪。深いところだとモモほどもありました。
そしてそれほど軽い雪質ではない(くどい)
FR-XP176では浮力と直進力が足らない感じでしたので、目の前のバージンスノウから目を背けて、一旦車に戻ってチェンジ。
ATUAはもう7年も前の板ですが、あまり使う機会が無いのでまだまだきれいです。
エッジはさびてますけどね(笑)
その前に使っていたSALOMON POKETROKET185が名機であれに比べると不満な点もある板ですが、XP176に比べれば格段の浮力や走破性があります。
ノートラックの斜面はもはやなかったですが、コース取りに気を遣えばまだまだバージンスノウを楽しむことが出来ました。
そしてこの日はオフピステも開いており、結構がっつり滑ることが出来ました!
本当にラッキーです♪ツリーランも出来たので大満足!
ただ少し気になったこともありました。
ダイナランドは決められたオフピステゾーンがあります。そこを滑るのはもちろん認められていますし、そこでのトラブルはスキー場スタッフに頼っていいでしょう。
でもロープを潜って滑走禁止区域を滑る場合は、スキー場内とはいえ完全自己責任がルールです。
この日は残念ながらボーダーの一人が禁止ゾーンでやらかしたらしくパトロールを呼んでいました。厳しい言い方にはなりますが、彼女や彼らにはゲレンデ外を楽しんでいい技術も覚悟もないのでもう2度とオフを滑って欲しくありませんね。
また迷惑を掛けるでしょう。
誰かがルールを破り問題を起こすと、より厳しいルールが出来てしまいます。
ダイナランドスキー場のオフピステはコースになる前から一部有志によって楽しまれてきました。私もその一人としての自負があります。
あのコースが造られる切っ掛けになったのはそれがあったからなのです。
板がはずれて大変な思いをしたことや、埋もれて身動きがとれなくなったことも確かにあります。ですが、パトロールに頼ろうと思ったことはないですね。
コースの外に出たら生き死は自分で責任を持つ。
逆にこの気持ちがあったからこそ上手くなれた面もあったと思います。
誰かに助けて貰えばという甘えた気持ちでオフピステを滑っていれば、いつか死ぬことになるでしょう。
そうならないためにはもっと雪山の恐ろしさを知って欲しい。
まぁ今回の彼らは多少は感じるモノがあったかもしれませんね。
因みに、雪山での捜索は無料ではないです。
1日100万円くらい?って昔聞いたことがあります。
なので管轄外オフピステを滑られる方は保険を掛けておくといいと思いますよ。
非難されるのは仕方ないにしても、お金で解決出来るところは解決しておきたいですしね。
スキーもスノーボードもスポーツです。命をかけず安全に楽しみましょうよ!

ただ同情出来る点もないわけじゃないです。
日本のゲレンデはロープ張りすぎだとは思います。この1点だけね。



2014/12/31

初滑り!ダイナランド

IMG_20141231_120916.jpgあけましておめでとうございます!(1/6記載)
これから、滑走&登山レポートをこちらに書いていきたいと思います。

さてそれでは。
今シーズンはありがたいことにシーズン早い時期から積雪が多かったため、
私も全面滑走になったタイミングで滑りに出かけたのですが、その日は道中から
尋常でない降雪があったのでスキー場へ行くのを断念してしまいました。
その為にこの日が初滑りとなりました。
そしてこの日も朝から一日中雪(笑)
降ったり止んだりで日差しもなかったですが、そんなに寒くはなかったですね。
朝8時頃到着で駐車場はパーブとベルーナの間の道端。
早朝営業があったことを考えるとやや空いてますかね。
昼頃帰ったときにはダイナランド併設ホテル「ヴィラモンサン」前の駐車場まで車が入ってました。滑ってる人はそんなに多くなかった感じですが。
前置きが長くなりました。
この日のゲレンデ状況は重めの新雪20cmほど。すでにゲレンデはもこもこな感じでした。初滑りとしては厄介ですね。視界も悪いですし。
使用した板は愛機IDone FR-XP176。
荒れ雪に強く浮力もあり、こんなシチュエーションには最適な板です。
シーズンはじめは大回り~小回りをしながらバランスチェックをするのですが、
荒れに荒れた雪面では雪面コンタクトに気を遣うので精一杯です。
かっこ悪く言うと転ばないようにしてるだけですね(笑)
ターンの質の追求は出来ないので、まぁ流して身体を慣らしていくことに絞っていきます。
新雪も少々残っていましたので、パーク横の斜面などでなかなか遊べました。
視界が悪かったのでβ方面には行かなかったのですが、降り止んだタイミングで行ってみると、斜度がキツイコースに新雪が残っていてちょっと悔しかったです。
くぅーっ!もっと早く行ってれば!
数本滑ったところで足的に限界が来たので、いつも通りお昼頃に撤収。
明日も滑りますしね。
帰り道では湯の平温泉でしっかり筋肉疲労をとって・・・。
そうそう。湯の平温泉は内風呂露天風呂が改装されていて広くきれいになっていて驚きました!もともと泉質はいいですし、これからはもっと利用することになりそう。
入浴料は600円。1時間くらい露天風呂でしっかり浸かりました。
やっぱりスキーや登山後の温泉は最高ですね!







更新情報