滑走&登山日誌

登った山、滑った山、試乗した板などの事を書いていきたいと思います。

aki.jpg


News

2017/1/24

遅れに遅れた初滑りはとびきりパウダー!

2017/1/24
ダイナランド 
天候 晴れ時々曇 
気温 非常に低い、無風
雪質 新雪

昨シーズンに続いて雪不足だったこれまでの2017シーズン。
夏頃から悩まされている腰痛悪化もあり滑る気にもなれず、初滑りは遅れに遅れてこの日になりました。



週末にゲレンデに降り積もった雪は遅れを取り戻すかのようにかなりなもので1m近くあるようです。WEBカメラでみる景色もやっと雪国らしい風景に様変わりしていました。
俄然心がざわつきます。
腰もここ数日は状態が良い。今なら行けそう。いや、今しか行けないかも!

そうと決まれば、はやいものです。
車に道具を放り込み、晩には早々に就寝です。新雪がたっぷりあるといいなぁ!
翌朝は道路状況を踏まえ4時起きです。
通常時は下道で3時間~3時間半くらいで到着しますが、道路に積雪があればどれほど掛かるかは判りません。(今まで5時間ちょっと掛かった事があります)
全ては朝一ノートラックを喰らう為。

予定通り日も明けぬうちに出発しました。寒い!!!
車についている外気温計は-3℃。(ダイナ駐車場では-8℃でした)
道路の凍結に注意しながらスキー場に向かいます。
ですが、昨晩からの降雪は少なかったようで実際に路面注意になったのは郡上市大和町の辺りから。
この辺りからなら雪道慣れしたドライバーが多いので渋滞の危険はぐっと少なくなります。実際ストレス無く走れました。
そこからは順調だったのですが、如何せんそれまでの道中で時間が掛かりすぎたので結局は8時ちょい過ぎになりました。

ゲレンデの状況は最高です。
やはり昨晩からの積雪量は20cmほど。残念ながら希望していたより量は少ないですが、寒さがハンパないだけあって雪質は奥美濃では最高クラスの雪質です!
非常に軽いパウダーなので、すでに滑走している他のスキーヤーの上げる雪煙も目を見張る高さになっています。
綺麗にパックされたゲレンデは硬すぎず柔らかすぎずよい感じです。
整地しないコースでは、昨日はノートラックだったであろう斜面についた滑走跡も、やんわりと埋まっていて滑りやすくなっています。
βリフト側のコースは非圧雪コースが多いので、そちらを中心に滑ることにします。
ボード、スキーを問わず同じ様なパウダージャンキーが同じ目的で集まります。
すでに斜面には新たな滑走痕がいくつも刻まれていますが、まだまだ踏まれていない所も残っています。
そこを争うようにスノーボーダーに混じって飛び込みます。
初滑りはふかふかの深雪急斜面!
雪質はとても軽く雪による減速が余りありません。こぶの上に降り積もった深雪をライン無視して滑ると、身体が跳ね上がったりバランスを崩したりで面白い!
極太のファットスキーやスノーボードなら雪面をスライディング出来そうですが、私が履いていたのはFR-XP176。そこまでの浮力はありません。
そもそも浮き沈みの無重力感を楽しむ板ですので、こういうシチュエーションの方が向いています。
高揚感とほどよい恐怖感を感じながら落ちるように斜面を下りました。

その後もコースを替えて新雪を滑り続けます。
共通リフト券であれば隣の高鷲スノーパークと往き来が出来ますので、そちらのパウダーも狙ってゆきます。
高鷲スノーパークは北向きの斜面が多くありますので雪質はダイナランドより良いことが多いです。
ただし競争も激しいので滑りやすい場所はあっという間に滑り尽くされてしまうので、よく考えてコースを選ばないと期待外れに終わる事もあります。
この日は運良く?リフトが1本運休していたので、ゲレンデ上部の非圧雪ゾーンはノートラックも多く残っていました。
但しゴンドラ周回になるので回数こなすのは大変そうです。だからこそ残っていたのでしょうけど。
かく言う私も1本滑り終えた後は周回しやすいコースを主に滑りました。
尤も数本でほぼ無くなりましたのでダイナランドに戻りましたが。
ダイナランドに戻ってからもパウダーを探して滑りましたが、見つけられなくなったところで撤収。
初滑りでパウダー三昧は期待していなかった分、楽しかったです!
ですが、悪癖である片ターンが顕著に出ていたのでなるべく早めに整地で調整したいものです。












2017/2/7

吹雪覚悟も案外と

2017/2/7
天候 小雪 
気温 低い、風弱い
雪質 やや重い新雪

IMG_20170207_114021.jpg前日からの雪。
それほど低くない気温と天気予報が伝える「湿り雪」のフレーズが俺の心を冷えさせる。実際、ゲレンデまでの道すがらフロントガラス吹きつける雪は確かに湿っており、愛車を覆い運転を困難にするだけでなく、滑りたいという気持ちをも挫けさせようとする。

「ふぅ」

前を走る黒いハイエースのテールランプがまた激しく瞬いた。
ナンバーを見ると予想通り他県ナンバーだ。雪道に慣れていないのだろう。
ドライバーの緊張している姿が脳裏に浮かぶ。

慌てなくてもいい。それほど焦って滑りたいような雪質ではない。そう言ってやりたかった。

しかしその想いが伝わったはずも無いがすぐに、前を行く黒いハイエースは緑色の看板を掲げたコンビニエンスへと吸い込まれていった。休憩もいいだろう。
雪道の運転は疲れるものだ。

カリッ

小梅ちゃんの酸っぱさが口に広がる。
眠気覚ましにもっぱら愛用している逸品だ。普段は帰路で味わうことになるのだが、すでに3時間運転を続けている今、欲しい刺激でもあった。



とまぁ、どうでもいい書き出しでした。

到着がかなり遅くなって9時ちょっと前に滑り出しでした。
もっとべたっとした雪かと予想していたのですが、ゲレンデへ出てみたらまぁいつも通り位の雪質でした。
積雪量も思ったりあり、αリフト付近では20~30cmもありました。
雪質がやや重たいので、緩斜面だと止まってしまったり、スピードを出して新雪に突っ込むと急にブレーキが掛かって怪我しそうな感じです。
実際αリフトから少し下ったツリーランコースは、途中までで行き倒れたスノーボーダーたちの苦戦の跡が残っています。
この日の板もFR-XP176だったので浮かして滑ることは出来ません。
林の中は緩斜面です。もし雪質が変わらず重ければ・・・。嵌まってしまうのは簡単に想像できます。
しかし、私には長年ここで滑ってきた経験があります。
行ける。
確信がありました。入り口さえ突破できれば。

林に入る前の斜面上部は所々こぶがあり、それを隠すようにパウダーがかなり積もっていて気持ちよくスピードは出せません。
その上、林に入る50m前からはかなり緩斜面で一気にスピードが落ちてしまいます。
作戦としては出来るだけスピードを落とさない様に斜面をナナメに滑り、緩斜面は出来る限りボーダーの残した滑走跡をトレースするです。

いざ滑り出すと、隠れたギャップに弾かれて意外とスピードが出ません。
実は。ゴーグルのレンズが最悪に見にくくて雪面がよく判らなかった!
スピードは上がりませんでしたが、ボーダーの滑り跡に入りさえすれば速度は落ちません。
壁に突っ込む時の負担を減らすように、姿勢を低くし、トップを上げてボーダー臨界点(行き止まり)を突破しました。
林はもう目前です。

最初の木を抜けると明らかに雪質が変わったのが判ります。軽い。
もう引っかかるような感覚はありません。スピードが上がることも無いですが、ツリーランが安全に出来るスピードが保たれるのでむしろ滑りやすいくらいです。
板を振ると急ブレーキが掛かるのでターンはそれなりに神経を使いますが、感覚的には膝上パウダーを滑る時の操作感覚で上手く対応できました。
「急な動作を避ける」「個々の動作はオーバーに」これが基本です。
木にぶつかりそうになったら思いきって板を横に振ってわざと転ぶのも技術です。
あと小枝はストックで弾きますよね。昔の話ですが、屈んで避けたら帽子だけ枝に攫われた事があります。あれは困った。
整備されているツリーランコースも生木を相手にしている以上毎回同じ状況を期待してはいけません。これは自分に対する戒めですね。。(自由の無いラインで枝が折れて通れなかったことがあります。)

ぐだぐだ書きましたが、怪我無く楽しめればそれでOKなんですよね。
この日はココをずっと周回して終わりました。
結局他にココを滑る人も少なかったので最後まで新雪が踏めました。こんな日はとても珍しいです。
また週末は雪ですね。

今シーズンはツイテル♪





更新情報